外壁塗装工事にはシーリング(コーキング)工事が欠かせません。
シーリング工事とは、壁材と壁材の隙間(つなぎ目)またサッシ(窓枠)廻りをシーリングで埋める工事を言います。
この他、躯体のひび割れや欠損の補修などにもシーリング材を用いて施工する場合があります。
しかし、単純に隙間を埋めたり、どこにでも充填すれば効果があるとは限りません。
今回はシーリングの役割、メンテナンス時期の目安について紹介します。

シーリングの役割➀

壁材と壁材の間、サッシ廻りなど、建物に存在する隙間を埋めるのが主にシーリング材です。岐阜 岐阜市 シーリング工事
建物はパーツとパーツで組みあがります。
その為、パーツとパーツの間に隙間が生じます。
この隙間を埋めないと、雨水などが侵入し雨漏りが発生してしまいます。
シーリングは隙間からの雨漏りを防止し、建物全体の防水性を高める役割があります。

シーリングの役割➁

弾力性があることもシーリング材の大きな特徴です。岐阜 岐阜市 シーリング工事
建物は揺れます。地震、周りの交通環境(高速道路、鉄道)など。
この揺れによる衝撃を緩衝するクッションの役割があるのもシーリングの特徴です。
また温度変化による外壁材の伸縮にもシーリングの弾力性が適応するため、外壁材の破損防止にも効果を発揮します。

シーリングのメンテナンス時期

シーリングのメンテナンスの時期は住環境によって異なりますが、紫外線や風雨の影響を受け約5年を過ぎたあたりから劣化がはじまります。
劣化が始まると、防水性、弾力性を徐々に失います。
これにより雨漏りやひび割れの原因になります。

こんな状態が見られたら注意!

岐阜 岐阜市  外壁シーリング
シーリングのひび割れ・破断

どんな小さなひび割れでも雨水が内部に侵入する恐れがあります。
現地調査の際に一番多くみられる現象です。



岐阜 岐阜市 シーリング

シーリングの痩せ

シーリングの痩せは経年劣化によりシーリング材に含まれる可塑剤が溶け出す劣化現象です。
これによりシーリング材の厚みが薄くなり隙間が生じてしまいます。




岐阜 岐阜市 外壁シーリング
シーリングの硬化

こちらの画像は分かりやすく説明するため、極端に硬化した状態です。本来硬化はシーリングの劣化現象の初期にでる症状です。初期の硬化は見た目から判断がつきにくい症状です。目に見えるひび割れや破断はこの硬化が原因で発生します。




岐阜 岐阜市 外壁シーリング
シーリングの欠落

欠落とはシーリング材が剥がれ落ちなくなっている状態の事です。原因は主にシーリング材自体の寿命、充填の際の密着プライマー不足です。
劣化現象の経て欠落になります。

まとめ

シーリングは外壁で一番最初に劣化が現れる箇所です。
そのため、塗装をお考えの際のお問い合わせも、このシーリング材の劣化が気になってという方がほとんどです。
直接の雨漏りであったり、シーリングの劣化から壁材の反りや浮きの原因にも直結するため、非常に重要な役割を担っています。
触れてみて硬化が出ていたり、目で見てひび割れ、破断箇所が見られる場合は注意が必要です。
早期のメンテナンスが建物を守る秘訣です。