外壁、屋根の塗装工事は、屋外の工事のため、天候や気温に左右されることが多い工事です。
日本の四季、一年を通して、塗装工事の最適な時期はいつ?
塗装工事の繁忙期、閑散期、時期によるメリット、デメリットを解析していきたいと思います。

塗装工事の繁忙期

塗装工事は繁忙期、閑散期が存在します。
塗装工事は、気温や湿度、天候によって工事が左右されます。
そのため、外壁塗装をする上で適した気温になりやすい、春(3月~5月)や秋(9月~11月上旬)は工事件数が増加する傾向があります。
とくに春や秋は、天気や気温、湿度が安定していることもあり、塗装業界は繁忙期を迎えます。

塗装工事の閑散期

梅雨時期や猛暑日が多い夏、乾燥、寒気の時期にあたる冬は、塗装業界の閑散期にあたります。岐阜 岐阜市 外壁塗装
とくに梅雨時は不安定な天候、雨による湿度の上昇によってスムーズに工事が進まないということがあります。
5℃以下湿度85%以上だと、塗装の乾燥が遅くなります。
十分に乾燥していない状態で塗装工程を進めてしまうと、剥がれやすくなり、施工不良を起こしてしまうことがあります。
また塗装=寒さや雨はNGというイメージからこの時期が閑散期になる理由とも考えられます。

塗装の適さない時期

雨の多い夏や寒い冬は塗装工事は適さないという印象を持っている方が多いかと思います。岐阜 岐阜市 外壁塗装
上記にも述べたように、雨や5℃以下の気温、湿度85%以上の場合は塗装に適しません。
塗装業者は契約時や提案の際に保証についての説明をします。
多くは塗膜の剥がれや浮き、膨れなどの施工不良時の保証です。
大規模の施工不良ともなれば足場を再度組み、再塗装が必要になります。
これは施主さんにとってストレスになります。
また業者にとっても余分な費用がかかることになります。
適さない環境で塗装をして後々の不具合はお客様、また塗装業者にとって大きなリスクになります。
ただし、これは夏や冬に限った事ではありません。
雨は年中降ります。
季節関係なく何日も続く日もあります。
雨が降る梅雨時だから、猛暑が続く夏だから、極寒の冬だから塗装工事は適さない、という訳ではありません。

時期によるメリットとデメリット

どんな工事でも季節や時期によるメリット、デメリットは多かれ少なかれあります。岐阜 岐阜市 外壁塗装
人気の高い春、秋の工事は天候や気温、湿度のバランスとれた時期で比較的スムーズに工事が進んでいくこと。
工期を気にされる方、なるべく早く工事を終えたいとお考えの方には適している時期だと考えられます。
ただし、人気がある時期が故に、空き状況によっては希望の日程で工事ができない場合があります。
一方で梅雨時、夏、冬は繁忙期に比べて比較的希望する日程で工事ができる事が多いです。
デメリットとしては、通常よりも工期が長くなりがちなところです。
理由としては塗装に適した環境で品質を保つため。
また、別の理由で猛暑日は職人の熱中症対策としてこまめに休憩を取りながらの作業になります。
弊社の場合、通常の塗装工事ですと2週間程度ですがこういった時期では1週間程工期を長く設定させていただいております。

まとめ

どの季節でも塗装は可能です。
どの季節でも施工不良が起こる可能性はあります。
塗料の知識、施工の知識、管理体制が整っていれば、季節に関係なく高品質な塗装工事をご提供することは可能です。
業者都合で天候や環境に関係なく無理やり工事を進める業者もいます。
なかには、工期が延長することによって足場費用の延滞料が追加でかかったなんてことも聞いたことがあります。
季節や時期のメリット、デメリットを参考にしていただき、いつまでもキレイなお住いであれたらと思います。

閑散期ならではのお得なキャンペーンも

閑散期だから、塗装工事が無いからといって、塗装業者は休むわけにはいきません。
業者によっては、こういった時期の工事のご依頼は、通常の価格よりお値打ちに工事ができるキャンペーンをしている業者もいます。
時期は特に気にしない方、少しでもお値打ちにという方はこの時期に依頼をすることでメリットになる事もあります。
また、弊社でもキャンペーンを実施しております。
詳しくはお問い合せ下さい!