これから屋根、外壁の塗替え工事を依頼しようとしたとき、気になるのは信頼できる業者かということです。
特に初回の塗替え工事の場合、初めてお付き合いする業者に依頼する方がほとんどです。
初めまして!で信頼できるかどうかを判断するのは難しいと思います。
ではどうやって信頼できる業者を判断するのか。
答えは、『営業マンの話をあまり鵜呑みにしないこと』『冷静に考える時間を作ること』です。
とは言うものの、専門的な話をされると誰しも『そうなんだー』と関心してしまいますよね。
ここでは危険な悪徳業者の営業トークを紹介します。
こんなトーク、ワードが出てきたら注意が必要です。
すぐに第三者に相談しましょう。

契約を急がせる

外壁の塗替え工事ともなると建物の大きさや状態によっては100万前後かかる場合があります。
そんな塗替え工事をいとも簡単に契約ができるわけがありません。
慎重にご家族や友人と相談する時間を設けましょう。
契約を急がせる業者はあらゆるトークで契約を促します。
『決算期』『キャンペーン』『今日契約していただけたら・・・』なんて言葉が出てきたら注意が必要です。
すぐに契約することがお得だと思わせる手法です。
結果得では無いことがほとんどです。
この場限りの大幅値引き!のように見せかけておきながら値引き後の金額が適正価格だったりします。
書類作成、車の燃料費、人件費、時間など営業活動には経費がかかります。
なるべく時間、経費をかけずに契約をいただく。
もちろんそれが理想です。
どの業界の営業マンもそれが理想です。
ですがどれも業者と営業マンの都合です。
慎重に考える時間を値引きという言葉で奪う行為に気を付けましょう。

大幅な値引き

多かれ少なかれ、どの業界、業種でも値引き交渉は行われています。
私たちも千円単位の端数や気持ち値引きしたりすることはあります。
なかには、何十万単位の値引きで提示されることがあります。
これもお得感演出です。
業者からしたら、値引き前の金額で契約できたらラッキーみたいな感覚だと思います。
一攫千金でも狙っているのでしょうか。この手の値引きは怪しさしかなく悪徳感満載です。
冷静になって考えましょう。
一つ選択を間違えていたら値引き分の金額を余分に払っていたという事です。
それが何十万単位だとしたら馬鹿らしいですよね。
そんな提案をしてくる業者は相手にしないことが賢明です。

過度に不安を煽る

このままの状態だと雨漏りしますとか、すぐに工事しないと大変なことになりますよ!など。
本当にそうでしょうか。
なかには緊急性のある場合はあります。
既に外壁材、屋根材が剥がれて下地が剥き出しの状態。
もしくは強風や台風などでいつ飛んでもおかしくないような状態。
こういった場合、誰しもが目で見てわかると思います。
果たして現在そういった箇所は見られますか?
特に死角になる箇所の高所、屋根など注意が必要です。
具体的にどういう状態だからどういう危険があるか。
写真を撮影してもらい、どういう工事をすればどのぐらいの期間大丈夫なのか。
またそれに掛かる費用はいくらか。
全て説明してもらい、全て納得した上で契約をするか否かを考えましょう。

他社を批判する業者

自社を優位に立たせるために他社を悪く言う業者がいます。
ご契約いただいたお客様から、実は相見積のある業者さんがリペインさんのことを
こういう業者だからやめた方がいいって言われてさー。なんてやりとりがありました。
そんな言葉があっても私たちを選んでいただいて感謝しかありません。
塗装業者は岐阜だけでもあちこちにあり、私たちにとってはどこも競合他社です。ライバルです。
経営理念や心意気、扱う工事、扱う塗料は違えど、塗ることで喜んでもらうという大きな目的は一緒だと思っています。
他社を悪く言って自社を優位に立たせるような営業マンを支持する人っているのでしょうか。
悪く言う時間があるのであれば、自社の良さをアピールする時間にした方が未来があると思います。
少し脱線してしまいました。
最終的にどちらが良いかを選ぶのはお客様です。
あーだこーだ言う業者の良さはありましたか?どこにあったか振り返ってみましょう。

まとめ

塗替え工事やリフォームは計画的に進めることが重要です。
また契約の際はご家族、友人に相談は必須です。
身近に相談できる相手がいない場合、または既に契約をしてしまった場合は市役所や消費センター、相談窓口に相談するのも有効です。
消費者を守る法律や制度を利用しましょう。
営業マンの言うことを全て鵜呑みにしてはいけません。
焦る必要も全くありません。
冷静に考える時間が大切です。
余談ですがクーリングオフ(COOLING-OFF)とは『頭を冷やして考え直す』という意味だそうです。