毎年台風シーズンになると、屋根の調査の依頼が殺到します。
高所のため普段の生活の中で状態を確認するのは容易ではありません。
そのため、知らないうちに劣化が進み大きな修繕が必要なケースも少なくありません。
お住いによって形状、屋根材は違います。
今回は屋根材の特徴、耐久性やメンテナンスを紹介します。
皆さんは最近屋根のメンテナンスはされましたか?

屋根材の種類

屋根材は大きく分けて4つの種類に分かれます。
陶器瓦、スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)、金属屋根(トタン、ガルバリウム鋼板)、アスファルトシングル。
それぞれの特徴や、耐久性、メンテナンスの目安を紹介します。

陶器瓦

日本といえば瓦屋根!と言いたいところですが、この発想はいまや古いかもしれません。
ですがその歴史は古く、既存のお住いで最も多く使われているのがこの陶器瓦です。
4つ種類の屋根材の中でも陶器瓦の耐久性は50年から60年にもなり最長です。
私たちが調査に伺った際には100年近くにもなるというお住いもありました。
しかしながら、その間にはメンテナンスは必要です。
ズレやすいのも陶器瓦の特徴で、台風や地震などでズレたり落下する危険もあります。
メンテナンスとして、ズレや落下防止の番線の巻き直し、古くなった漆喰の入れ替えなどが必要になります。
台風や地震などが起きた後は目視にてズレている箇所がないか、漆喰の欠けがないかなど確認しましょう。

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)

ご依頼いただく屋根の塗装で最も多いのがスレート屋根です。岐阜 岐阜市 屋根塗装
この屋根材は非常に薄く軽量で、かつては素材の強化のためアスベストを含ませていました。
しかしアスベストの発がん性が問題となり現在はアスベストが含まれていないスレート材が施工されます。
軽量で複雑な形状の屋根にも施工できるというメリットがあります。
その一方デメリットとして、4つの屋根材の中ではひび割れや欠けなどの破損が出やすい傾向にあります。
表面塗膜の劣化が始まると苔や色褪せによって美観が損なわれるという欠点もあります。
劣化状態によっては、屋根の葺き替えやカバー工法による修繕が必要になる場合があります。
棟の繫ぎ目は板金で覆われていることがほとんどですが、経年劣化で固定が弱まり飛んでしまったというケースも。
外壁の劣化よりも確実にスレート屋根の劣化の方が先に現れます。
劣化が現れる前、一手先に塗装するのがベストと考えられます。

金属屋根(トタン、ガルバリウム)

近年の金属屋根の主流はトタンではなく、ガルバリウム鋼板です。岐阜 岐阜市 屋根塗装
現在の新築のお住いでは最も多く使用されている屋根材です。
スレート屋根同様軽量のため、耐震性に優れているというメリットがあります。
また近年では断熱効果のある屋根材も主流になりつつあることも多く使用されている要因です。
メンテナンスの回数はスレートに比べて少ないですが、色褪せは発生するので美観維持のためのメンテナンスは必要になります。

アスファルトシングル

名前の通り、アスファルトを主成分とした屋根材です。岐阜 岐阜市 屋根塗装
一枚一枚がシート状になっており、釘と接着剤を用いて貼っていきます。
施工がしやすい、軽量による耐震性に優れます。
また、表面には細かな石を付着させているため、色褪せが進行しにくいというのも特徴です。
一方、風で剥がれやすいのが欠点で比較的耐久性に劣る部分があります。

まとめ

屋根の劣化が進行すると、屋根材によって様々症状が現れお住いの危険性が高まります。
また絶えず日光、風雨にさらされているため、他の部位より劣化が早い傾向にあります。
強風、台風の際の板金の捲れや屋根材の欠落は大変危険です。
また、ひび割れや破損箇所が多く見られる場合や、劣化の進行度合いによっては、葺替えやカバー工法をおすすめします。
目視にて異常が無いか確認したり、建物の周りに破片など落ちていないか確認するようにしましょう。
ただし、屋根に上るのは大変危険です。
調査は業者に依頼するのが賢明です。
メンテナンスで屋根の寿命を延ばしましょう