こんにちは(^O^)/

雪が降るとか降らないとかな天気が続いております。

今朝、可児市のお客様のところに向かっていた道中、1粒2粒

ぱらついたような、ぱらついていないような(”_”)

路面も凍る季節です。

歩行、車の走行も十分注意が必要ですね!

『すが漏れ』

って皆さまご存じですか?

『すが』とは、東北の方言で氷のことで、

溶けた雪が雪融け水となり、室内に漏れる現象のことを言います。

あまり聞きなれない言葉ですが、雪の降る地域には起こりえる現象です。

すが漏れ

 

 

 

 

 

 

図を作ってみました( `ー´)ノ

まず、雪が降り屋根の上に雪が積もります。

家の中の暖かい空気により、雪が雪融け水に変わり屋根に伝い、軒より落ちます。

雪融け水の一部が屋根を伝う際に氷に変わります。

氷によって雪融け水の通りが塞がれ、屋根の上に水が溜まります。

溜まった水の量が増えると、屋根のつなぎ目から逆流し水が浸入する。

という流れが『すが漏れ』になります。

屋根の劣化による雨漏れではなく、元々のつなぎ目から雨が浸入する漏れです。

それでは、どうやってこのすが漏れを防ぐか。

一番の対策はやはり雪かきです!

雪が溶ける前に雪を除去する事が大切です!

高所作業なので業者に頼むのがベストです!

また、経年劣化によりつなぎ目が開いてしまっている場合、

劣化の影響もあるので、早い段階でのメンテナンスをオススメします!

佐藤さんのブログにもあったように、定期的な点検、雨漏り箇所の

早期発見は重要です!

お住まいの異変は早期改善していきましょう!

それでは(‘◇’)ゞ