こんにちは(^O^)/

ここ岐阜では雨が続いております。

しかし昨日も今日、明日もありがたいことに内部の仕事や、塗装前の洗浄で現場は動いております(*’▽’)

さて、本日は先週からの続きで、シーリング材について書きたいと思います!

シーリング材と言っても、使用する箇所、用途によってたくさん種類があります。

今回は2種類のシーリング材について紹介します!

まずは、『シリコン系』

シーリング材

 

 

 

 

 

 

 

ホームセンターなどでも良く見かけますよね!

シリコン系は耐水性に優れる為、水廻り、浴室によく使用されます。

またガラスの目地にも使用されたりします。

そして、外壁、屋根の塗替え工事には欠かせない

『変性シリコン系』

シーリング材

 

 

 

 

 

 

 

 

先週お伝えした、外壁目地、サッシ廻り、屋根の板金、付帯部廻りなどに使用されております。

耐候性が高く、外構工事では多く使用されています。

シリコンと変性シリコンって名前が良くにてますが、全く別物です。

大きな違いは、シリコンは塗料がのりにくく、変性シリコンは塗料がのるという違いですね!

塗装する箇所の補修、充填では変性シリコンまたはウレタン系です!

ただし、ウレタン系は耐候性には優れるものの、紫外線に弱く、汚れやすい為、塗装で仕上げる必要があります。

耐候性ではウレタン系は優れるのに・・・・( 一一)

そんなウレタン系のシーリング材ですが、すごいのがあるんですよ!

本日はここまでです!

来週は弊社おすすめのシーリング材をご紹介します!

それでは(‘ω’)ノ